結婚までの流れ > 結納の形式とマナー > 結納返しに高級本皮革財布

結納返しに高級本皮革財布

めでたく結納が終われば、今度は新婦側から新郎側に結納返しが一般的に行われます。結納返しは基本的には関東では結納金の半返し、関西などでは1割返しとか色いろあるようですが、地方によって異なります。結納返しでは、時計や高級財布、紳士服仕立て生地などが一般的に多いようです。

最近は、イタリア製高級皮革で作られた長財布や、トードーバッグ、ビジネスバッグなど、使い続けていく内に、本革のぬめりや色合いがなんともいえないいい味を出すということで、これを新婦に置換えて、末永くいつまでも愛し会っていこう、いつもそばに居てくれてありがとうという感謝の気持ちをお二人が共有しあうということで、縁起のよい結納返しと人気が高まっています。

イタリアの高級皮革を日本の熟練職人が時間をかけ縫製しているココマイスター社の製品がおすすめです。
ココマイスター