結婚までの流れ > ゲスト(招待客)のマナー > 結婚式参加のときに好ましいドレス

結婚式参加のときに好ましいドレス

結婚式に参加するときのドレスにもマナーはあります。
ただでさえどんな服で行こうか悩むのに、こういったマナーも関わってくると面倒に感じてしまいますが、しっかりとおさえておきましょう。

全身白・全身黒はどちらもダメ

全身白っぽいドレス、全身黒っぽいドレスというのは、結婚式ではどちらもNGです。
白ドレスは花嫁さんの色と被ってしまうので、着ていくと自分が恥をかきますし、招待した側の花嫁花婿にも恥をかかせてしまうので注意しておきましょう。

黒っぽいドレスは「喪服」をイメージするのでダメですね。
30代後半ぐらいになってくると「年にあった無難な色を・・・」ということで黒っぽい服を選びがちですが、ワンポイント白を入れるようにしましょう。
例えば、羽織物、バッグ、くつなどを白っぽいものにして全身が黒っぽくならないようにしておきましょう。

白っぽい服も同じです。
全体が白だと花嫁と被ってしまうので、黒をまぜることで白っぽい印象を少なくすることができます。

その他に注意する点は「肩だしスタイルNG」ということです。
カジュアルな披露宴や夜の披露宴などでは肩だしもいいのですが、結婚式では羽織物などで肩を隠しておくのがマナーです。