結婚ご祝儀のマナー

結婚式に参加するほうは「ご祝儀」で悩むこともありますよね。
「ご祝儀に決まった額はない」といわれますが、貰った方は「このぐらいじゃ非常識だ!」なんて思う人もいますからね。
中の良い友人ほど高いご祝儀を期待し「3万円以下は非常識だ」という具合になるようです。
新郎新婦とどれだけ親密な関係かによってご祝儀の額は変わると考えておくのがいいでしょう。

次に「ご祝儀袋」ですが、これは中の金額にあわせて選ぶのがポイントです。
中の金額が高くなるほど、豪華にするのがいいでしょう。
一般的には包む金額の1%が目安といわれていますので、3万円包むなら300円、5万円包むなら500円ほどの熨斗袋を選びましょう。

その他に気をつけるポイントとしては、

  • 新札で包む
  • 先に祝儀を貰っているのなら、同額を返す
  • 基本的には金額を偶数にしない、「割れる」ということであまりよろしくありません(2万円、10万円は例外)

ということですね。

世代別に見た祝儀の最多回答額(単位円)

20代最多回答 30代最多回答 40代最多回答
兄弟姉妹 50,000 50,000 100,000
伯父・叔母 50,000 50,000 50,000
従兄弟・従姉妹 30,000 30,000 30,000
その他親せき 30,000 50,000 30,000
勤務先の上司 30,000 30,000 30,000
勤務先の同僚 30,000 30,000 30,000
勤務先の部下 30,000 30,000 30,000
取引先関係 30,000 30,000 30,000
友人・その家族 30,000 30,000 30,000
その他 30,000 30,000 30,000