結婚までの流れ > 婚約の形式とマナー > 婚約にいくらかかる?

婚約にいくらかかる?

結婚式の前で最も大きいのが婚約にかかる費用です。
「彼側から彼女側への正式なプロポーズ」という意味で結納金など、この時期の出費など男性側で負担することが多い。

結納金はいくらが相場かと言うと

一般的に結婚式にかかるお金は「彼側が負担する」ものと「彼女側が負担する」ものに分けられます。
「結納品と結納金」は彼側、「結納の会場費と結納返し」は彼女側で負担します。

・結納金の平均:85万4000円
・結納式の会場費平均:10万円4000円
・結納品の平均:17万8000円
・結納返しの平均:26万6000円

顔合わせ食事会の予算は?

両家の初顔合わせで外食する場合、必要なお金は個室料と食事代。両家どちらが負担するかでモメがちポイントなので、事前に話し合って決めておくのがよいでしょう。

両家当事者同士の両親6人での顔合わせ食事会の予算は平均5万5000円。

婚約記念品の予算は?

親が用意する水引飾りや結納金とは違って、彼本人の気持ちとして用意するのが婚約記念品。多くは「婚約指輪(エンゲージリンク)」を渡します。
人気はプラチナ素材のアームに大き目の一粒ダイヤのリングが主流です。

婚約指輪(エンゲージリング)の平均予算は32万円。

【アドバイス】

婚約指輪などは、決して「借金」してまで無理な予算で購入しないでください。
借金のローン返済が結婚後も残ったりして夫婦間に溝を作ることにもなりかねません。
お二人の気持ちをカタチとして表現する物ですから、自分の予算内で購入するようにしましょう。
結婚後、男性が仕事を頑張って、稼いだお金で改めて大きな物をプレゼントするのも良いことです。

結婚費用が不足したら、低金利で便利なカードローンを利用しましょう

結婚式は赤字になると昔の人は言っていましたが本当です。人生の晴れ舞台ですから、素敵な結婚式にしたい気持ちはわかります。しかし、それには費用がかかります。結婚式は自前のお金もしくは、ご両親の援助で行うのがいちばんですが、披露宴、新婚旅行、新居の準備など諸々になると資金不足ということもあります。

そこで、お役に立つのが低金利な銀行系カードローンです。
即日審査・即日融資も可能であり、きちんとした返済計画を立てれば、月々の返済も負担がかかりません。
おすすめのカードローンはこちらから。