結婚までの流れ > 挙式当日の一日の流れ > 式場担当者との打ち合わせ

式場担当者との打ち合わせ

慌てず落ち着いて当日までの進行具合を確認しましょう
確認結婚式当日がせまってくると、忙しさはピークに達します。
当日に不備があっては、それまでの準備も水の泡となってしまいます。
メモなどを用意して、もれのないように最終の確認を行ないます。

結婚式・披露宴の一週間ほど前には、準備が希望どおりに進んでいるかどうか、小物は万全かなどを、式場に出向いてチェックします。

衣装や花などを式場外から持ち込む場合で、業者が式場まで届けてくれるときには、届け先(式場)、それを受け取ってもらい式場側の担当者、届けてもらう時間、届いた後の保管場所などを、しっかり確認しておきましょう。

引き出物の用意が万全かどうかも、しっかりチェックしておきます。
数の確認も怠りなく、外から持ち込む場合は、衣装や花と同様に確かめましょう。

印刷物にも一通り目を通し、間違いがないようにします。
挙式前日の確認は二人でしましょう
式場があまり遠くないようであれば、前日にも式場へ出向き、自分の目と耳で確認をするほうが安心なことは確かです。
前日は静かに過ごしたいというのであれば、式場へは行かず、式場担当者にあいさつの電話を入れておきましょう。「これまでありがとうございました。明日はバタバタして失礼もあるかもしれませんが、本当に感謝しています。明日もよろしくお願い申し上げます」といった具合に、心をこめてあいさつをしておけば、当日はきっと心をつくしてくれることでしょう。

媒酌人やスタッフへのあいさつ
媒酌人や主賓、乾杯の音頭をお願いした方には、前日の、夜遅くならないよううちに、必ず電話でひとことあいさつをします。

余裕があれば係を依頼したスタッフの友人にも電話をし、集合時間などを確認します。
このような作業は、あらかじめ連絡係を設けて、係の仕事全体を取りまとめてもらっておくと、その人にまかせておけるので安心です。
スピーチや余興を依頼した人にも、電話でひとこと「明日はよろしく」とあいさつできれば、なおていねいで好感がもたれます。

晴れの挙式当日の進行や流れ

・目安は結婚式の6~1ヶ月前

■晴れの挙式を成功させるために・・・知っておきたい当日の準備と流れ

■披露宴の進行とマナー・・・披露宴の進行について

■披露宴の進行とマナー・・・披露宴席での歓談やマナー

■披露宴の進行とマナー・・・心をこめた招待客への謝辞

■最終的な打ち合わせ・・・式場担当者との打ち合わせ

■最終的な打ち合わせ・・・司会者との打ち合わせ

■最終的な打ち合わせ・・・持ち物の確認