結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 媒酌人や主賓に必ず車の手配

媒酌人や主賓に必ず車の手配

媒酌人夫妻や主賓には、両家で車を手配して差し向けるのがマナーです

仲人

同様に、年配の招待客(恩師など)の移動にも、必要ならばタクシーやハイヤーを用意します。

何時頃迎えにきてほしいか、先方の意向をうかがって手配をしますが、「どうぞお気遣いなく」という返事があった場合には、当日(あるいは後日)車代を渡すようにします。

ハイヤーは式場で手配できることも多く、料金表なども用意されています。

タクシーの手配は前日でも間に合いますが、ハイヤーの場合は台数に限りがあり、ハイヤーの会社に、媒酌人や主賓のお宅の住所などを知らせる必要もありますので、遅くとも挙式・披露宴当日の10日前までには予約しておきましょう。

当日は、車の運転手に渡すご祝儀の用意も忘れずに。

>先方が地元で一泊することもあります。

遠方からの招待客が「そちらには泊まらないから大丈夫」と答えた場合でも、先方の家がターミナル駅や空港から離れている場合、地元で一泊していることがあります。

その可能性があれば、さりげなく前日からの予定を尋ね、地元で一泊しているようならば、両家で相談をし、必要があれば宿泊費を渡したり、相応の商品券などを「私たちの結婚式に出席してくださってありがとうございました」のお礼状とともに送るなどするといいでしょう。

その他のお礼のしかた

先方が交通費や宿泊費を辞した場合、好意には素直に甘えてかまわないのですが、どうしても気になるような場合は、引き出物の中身を高価な物にしたり、引き出物の袋に交通機関で使えるオレンジカードをそっと一緒に入れておくなどの方法もあります。
両家でよく相談をしましょう。

披露宴の進行や招待客の選びかたなど

目安は結婚式の5~2ヶ月前

■招待客の選びかた・・・招待したい人をまずはリストアップ

■招待客の選び方・・・招待客の最終確認

■招待状作成のポイント・・・差出人の名前には配慮が必要

■招待状作成のポイント・・・招待状の文面を決める

■招待状の印刷ができるまでにしておくこと・・・

■招待状ができ上がったら・・・

■招待状が出来上がったら・・・ハガキの返信の確認

■披露宴の席次の決めかた・・・着席の披露宴では特に席次に対する心配りを

■席次表の作成・・・席次表作成の前に確認したいこと

■席次表の作成・・・席次表の印刷依頼

■招待客の交通と宿泊の手配・・・先方の都合に合わせ早めに手配を

■招待客の交通と宿泊の手配・・・媒酌人や主賓には必ず車の手配を