結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 招待客が遠方の場合

招待客が遠方の場合

招待したい招待客が遠方の場合

招待客

結婚式・披露宴の招待客のなかには「遠くに住んではいるけれど、どうしても出席してほしい人」がいることもあります。
招待した場合、そのような大切な人に必要以上の負担をかけることのないよう、失礼のない対応を心掛けましょう。

宿泊費と旅費については、基本的には両家で負担すべきです。
しかし先方が「お気遣いは無用に」とおっしゃれば、素直に好意に甘えてかまいません。
親しい間柄であれば、費用の気遣いは無用ともいわれていますが、距離や事情によっては配慮が必要です。
ふたりあるいは両家でよく相談をします。

どちらにしても招待客の発送前に「遠くからで申し訳ないのですが、どうしてもいらしていただきたいのです。出席していただけますか」と了解をとるくらいの気配りはしたいものです。

交通の手配などをする

出席の返事が届いた時点で、先方に電話で申し出をし、式場までの交通機関を確かめて、相手の都合に合わせた時間の切符を手配します。
早めに郵送するよう心掛けましょう。

宿泊の手配などをする

やはり出席の返事が届いた時点で、先方の意向を確認し、こちらで式場、あるいは近辺(またはターミナル駅や空港近く)の宿泊施設を予約します。
ホテルなどの宿泊が可能な式場では、挙式・披露宴の列席者の宿泊費を割り引いてくれるところもあるので、相談してみましょう。

豆知識

タクシーとハイヤーの違い

ハイヤーは、黒塗り高級車で、タクシーよりもグレードの高い車種の場合がほとんどです。
車の乗り降りの時には、運転手が運転席を離れて扉の開け閉めをしてくれますし、雨の日には傘をさしてくれたり、荷物を運んでくれたりと、気配りも万全。
料金は走行距離と拘束時間の併用制で計算される場合が多いようです。

披露宴の進行や招待客の選びかたなど

目安は結婚式の5~2ヶ月前

■招待客の選びかた・・・招待したい人をまずはリストアップ

■招待客の選び方・・・招待客の最終確認

■招待状作成のポイント・・・差出人の名前には配慮が必要

■招待状作成のポイント・・・招待状の文面を決める

■招待状の印刷ができるまでにしておくこと・・・

■招待状ができ上がったら・・・

■招待状が出来上がったら・・・ハガキの返信の確認

■披露宴の席次の決めかた・・・着席の披露宴では特に席次に対する心配りを

■席次表の作成・・・席次表作成の前に確認したいこと

■席次表の作成・・・席次表の印刷依頼

■招待客の交通と宿泊の手配・・・先方の都合に合わせ早めに手配を

■招待客の交通と宿泊の手配・・・媒酌人や主賓には必ず車の手配を