結婚までの流れ > 引き出物の選び方・相場 > 引き出物の値段や内容

引き出物の値段や内容

引き出物選びの基本と失敗しないコツ

引き出物の金額は、披露宴の飲食費(料理代)の2~3割程度といわれ、5000円前後が一般的なようです。
添える引き菓子は1500~3000円程度といわれていますが、最近は新婦や、どちらかの母親や姉妹の手作りというケースも増えています。

引き出物選びの基本は

①かさばらず軽くて、持ち帰りに便利
②実用的
③わざわざ自分で買うことはないが、あると便利またはうれしい
④いくつあっても困らない

といったものを選ぶのが、失敗しないコツです。

インターネットで引き出物や結婚祝いはシャディのカタログを取り寄せることもできます。

質のいい小さめのもの、かさばらないものが、最近の主流です。
食器ならば、セットにせず個数を少なくしても、少し高価なブランドの洋食器や、センスのいい和食器などを用意しているようです。

引き菓子は、日持ちのするものを選ぶようにしますが、最近はバウムクーヘンやフルーツケーキなどの定番ものより、有名な菓子店のおしゃれで上品なお菓子を選ぶカップルが増えてきました。
披露宴の料理だけでなく、引き菓子の味にまでこだわり、招待客により喜んでほしいという考えかたが主流になってきているからです。
ラッピングにもこだわりが見られるようになり、各有名菓子店では、引き出物用のおしゃれなラッピングを提案しています。
式場で注文できるお菓子もしゃれたものが増えています。
ふたりで吟味し、列席者の顔ぶれも考慮して決めましょう。

引き出物や引き菓子には、選んだ理由と招待客へのお礼を書いたカードなどを添えると、心のこもった印象になります。

引き出物選びにタブーはある?

引き出物にも、昔からの習慣であまり用いない品があります。
まずは、猿の絵柄のもの。
これは「去る」という言葉を連想させるためです。
ほかには、重箱も「二重の結婚」を連想させるので避けられています。

昔は、食器セットも2で割ることのできない奇数でそろえていました。
しかし最近はペアのワイングラスなどを差し上げるのも、珍しくありません。
同様に「切る」を連想させるナイフやハサミなども敬遠されていましたが、最近はフードカッターやブレッドナイフなども、引き出物として選ばれており、ありま気にしなくてもいいようです。
しかし招待客に年配者やしきたりにうるさい人がいる場合は、注意しましょう。