最高の自分を演出

こだわって選んだ衣装や小物も、身につける花嫁が輝いていて初めて映えるもの
メイク大切な日に最高の自分を演出するためには、時間をかけた準備が必要になります。

ヘアやメイクは、自分でやるわけには行きませんから、どうしてほしいのかというイメージをできるだけ明確に担当者に伝えます。
具体的なイメージがない場合は、希望の雰囲気を少しずつ伝えて相談をしながら、当日のヘアメイクを決めます。

このように、当日のヘアメイクは、新婦の希望が反映されるとはいっても担当者まかせの部分も大きいのですが、肌の調子をととのえる、シェイプアップをする・・・といった基本的な部分は、新婦自信のやる気にかかってくるところもあります。
忙しい時期ではありますが、なるべく規則ただしい生活を心がけ、心身ともにベストな状態で当日を迎えられるよう努力しましょう。

時間と予算に余裕があれば、エステやネイルサロンに通うのも、満ち足りた気分とリラックスが得られるのでおすすめです。

豆知識
顔剃りや産毛剃りでさらに美しく
和装の場合は、挙式の一週間から5日前頃に顔と、うなじや背中の産毛をそるのがふつうです。
洋装の場合も、この顔剃りと産毛剃りをしておくと、化粧ノリが抜群によくなります。
ヘアメイクの担当者か、ブライダルエステに通っている場合はサロンで相談をして、剃ってもらいましょう。
理容室にお願いすることもできます。

晴れの日の衣装~結婚指輪の選びかた

目安は結婚式の5~1ヶ月前

■晴れの日の衣装選び・・・挙式披露宴のスタイルに合わせた衣装選び

■晴れの日の衣装選び・・・3つのバランスとは

■晴れの日の衣装選び・・・ショップの選びかた

■晴れの日の衣装選び・・・貸し衣装の試着と予約

■晴れの日の衣装選び・・・衣装を買うならば

■花やブーケのこだわり・・・主流は生花。香りの強い花には注意をして

■結婚指輪の購入・・・挙式の一ヶ月前までに余裕を持って注文を

■結婚指輪の購入・・・形や材質もそれぞれ好みに合わせてOK

■晴れの日を美しくするために・・・ヘアメイクについての打ち合わせのポイント

■晴れの日を美しくするために・・・最高の自分を演出するために

■晴れの日を美しくするために・・・食事や運動にも配慮し、規則正しい生活を