結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 挙式スタイルで衣装が決まる

挙式スタイルで衣装が決まる

挙式時の衣装は、挙式のスタイルが決まると自ずと限定されてきます

花嫁衣装

神前式ならば白無垢か黒の引き留め袖になります(洋装の場合もあり)。

教会式の場合は、教会の規模によって、ドレスの形が変わってきます。
天井が高く、広くて、バージンロードも長い教会であれは、トレーンの長い、ボリュームあるドレスが似合います。
小さめのチャペルであれば、かわいらしいデザインのドレスのほうがいいでしょう。
レストランやハウス、ガーデンでのウエディングであれば、動きやすいデザインのほうが便利です。

一方、披露宴では、和洋どちらでも、好きな衣装を着ることができます。
とはいえ、小さい会場にスカートが目一杯ふくらんだゴージャスな色ドレスは似合いませんから、会場とのバランスを考えます。

その他次のことを考えましょう。

①どんな衣装を着たいのか(洋装か和装か)
②お色直しはするか。その回数と内容は(色打ち掛けと色ドレスを着たい、など)
③予算(税金のことも考えて)

以上のことが決まっていれば、ショップを回ったとき、たくさんある衣装のなかからしぼり込む作業がかなり楽になります。

お色直しの回数

最近、お色直しの回数はぐんと減って、0回という人もかなり増えています。

教会式での挙式が大多数になったことで、挙式は白のウエディングドレス、披露宴は同じドレスか色ドレスを着用し、途中で中座をしないのが一般的な流れになってきました。
一着のドレスを、2通り着まわせるタイプのものを選び、挙式と披露宴で違う感じに着こなすケースも増えています。

花嫁衣装

また、式場や会場の写真室や、専門の業者、プロデュース会社などで写真の別撮りができるようになったことも、大きいようです。
白無垢や色打ち掛け、色ドレスなど着てみたかった服を着て、写真撮影しておき、当日は白のウエディングドレスだけで通すといったパターンです。

ふたりのために会場まで足を運んでくれた招待客と、なるべく長く一緒にいられるように、お色直しで中座する時間は極力短くするのが昨今の流れ、いろいろ着てみたい場合は、別撮りのシステムを利用しましょう。
お色直しを入れる場合は、演出に工夫をして、招待客に失礼のないようにします。

晴れの日の衣装~結婚指輪の選びかた

目安は結婚式の5~1ヶ月前

■晴れの日の衣装選び・・・挙式披露宴のスタイルに合わせた衣装選び

■晴れの日の衣装選び・・・3つのバランスとは

■晴れの日の衣装選び・・・ショップの選びかた

■晴れの日の衣装選び・・・貸し衣装の試着と予約

■晴れの日の衣装選び・・・衣装を買うならば

■花やブーケのこだわり・・・主流は生花。香りの強い花には注意をして

■結婚指輪の購入・・・挙式の一ヶ月前までに余裕を持って注文を

■結婚指輪の購入・・・形や材質もそれぞれ好みに合わせてOK

■晴れの日を美しくするために・・・ヘアメイクについての打ち合わせのポイント

■晴れの日を美しくするために・・・最高の自分を演出するために

■晴れの日を美しくするために・・・食事や運動にも配慮し、規則正しい生活を