結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > スタッフはふたりで人選

スタッフはふたりで人選

挙式・披露宴には、晴れの日を陰で支えてくれる心強い味方が必要です

仲間

当日のさまざまな役割を受け持ってくれるスタッフは、ふたりの知り合いの中から適任者を見つけて依頼するようにします。

会場側にお願いして手配してもらえる係もありますが、その場合でも、ふたりで人選することを基本にします。
たとえば司会者ならば、きちんと会って、その人の人となりを判断。

自分たちの希望する披露宴のイメージに合うかどうかを検討します。
カメラマンならば、作品を見せてもらい、その人にまかせて大丈夫か確認します。

豆知識

スタッフの友人へのお礼は・・・?

挙式や披露宴のお手伝いをお願いした人たちには相応のお礼を渡します。
友人にお金を渡すのは気まずいというときには品物で渡します。
大勢の友人にスタッフとしてお世話になったときには、新居で「お疲れさま会(ありがとう会)」を開いてごちそうし、最後におみやげを持ち帰ってもらうという方法も。

披露宴のスタッフ人選や協力者の選び方

■スタッフと協力者の選びかた・・・スタッフは、ふたりで人選するのが基本

■スタッフと協力者の選びかた・・・司会者選び

■スタッフと協力者の選び方・・・祝辞や余興の依頼相手

■スタッフと協力者の選び方・・・スピーチ・余興の依頼

■スタッフと協力者の選び方・・・受付係の依頼