結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > コンセプトを具体化

コンセプトを具体化

式次第すなわちプログラムは、3ヶ月くらい前から細かく煮つめていきましょう

会場の予約の時点で、おおまかな演出(ケーキ入刀やキャンドルサービスなど)は決めてありますので、たいていはそれをもとに、会場側が進行表やセレモニープランを作成してくれます。

それをたたき台にして、会場の担当者と打ち合わせをし、細かい部分を決めていきます。
レストラン・ウェディングの場合は、決まったパターンがありませんから、自分たちでプログラムを組むか、プロデュース会社の担当者などと相談をして決めていきます。

初めに、どんな披露宴にしたいかというコンセプトすなわちおおまかな柱を決めます

「ゆっくり食事をしてもらう」「なごやかに会話を楽しんでもらう」「お世話になっている人ひとりひとりとお話したい」「久々に集まる顔ぶれが多いので、同窓会のように」といった具合です。
具体的に言葉にしておくと、会場の担当者もふたりが希望する披露宴をイメージしやすくなります。

イメージが固まったら、当日の全体の流れをチェックしまょう

挙式と披露宴を同じ会場で行なうならば、挙式と披露宴の間の時間的な余裕も確認します。
写真撮影用に充分な時間があるか、逆に時間がありすぎれば、控室はいつから使えるか、控室でどんなものが提供できるかなども調べておきましょう。

次に詳細を確認し、決めていきます

挙式前の両家顔合わせの場所や時間から、挙式のタイムスケジュール、挙式後から披露宴までの時間、披露宴での主賓のあいさつや乾杯の発声、祝辞、余興などに登場する人の数と必要時間、その他の演出などについて話し合い、会場と契約で決められた一定の時間(通常2~3時間)におさまるように工夫します。

豆知識

最近はどんな演出が多いの?

ここ数年で多い演出は
1位 金屏風を立てない
2位 ウェルカムボードの設置
3位 入刀後に食べられる生ケーキ
となっているそうです。

しかし、人気になっているから自分たちもやる、という姿勢ではなく、ふたりが披露宴で何を重視したいかを考え、その方針に合わせて演出を組み入れることが大切です。

会場の担当者とはどんな人?

最近では、ホテルや式場に、ブライダル専門のブライダル(またはウェディング)コーディネーターが常駐しているところも増えています。
この人たちは、多くの挙式・披露宴を手がけ、会場の特徴も知りつくしているプロ中のプロ。

コーディネーターがいないところでも、見積もりから当日までを同じ担当者が担当するといったシステムを導入している式場が増え、ふたりの希望や考えを充分にくんだうえでアドバイスを行なうケースが主流になっています。

担当者を信用し、仲良くなって、ふたりの趣味を理解してもらうことが、披露宴を成功させる秘訣のひとつです。
担当者とどうしても趣味が合わなければ、担当者を変えてもらうことも考えましょう。

結婚の準備から結婚まで

挙式・披露宴までの準備とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■基本的なブライダルプランを決める

■挙式や披露宴の決め方

■披露宴の種類

■結婚式のスタイルを決める手順

■披露宴のスタイルを決める手順

■結婚資金の費用とは

■高額な結婚資金の捻出について

■結婚式の日取りの決め方・・・なるべく早めに決定を

■結婚式の日取りの決め方・・・皆が心地よく過ごせる季節・日時を

■挙式・披露宴の会場探し・・・ふたりの希望のプランに合わせた会場選び

■挙式・披露宴の会場探し・・・ホテルや専門式場など

■挙式・披露宴の会場探し・・・候補のしぼり込みから契約までのしかた

■披露宴までの料理の決め方・・・料理を決める前に必ず試食を

■披露宴までの料理の決め方・・招待客に合わせた特別料理の用意をする

■披露宴の演出について・・・ふたりらしい演出プランとは

■披露宴の演出について・・・ふたりのコンセプトを具体化して決定