席次に心配りを

招待状の返信が届いて出席者の人数が最終的に決まったら、席次を決定します

席次表

ただし、挙式直前はなにかと忙しいので、招待状を発送した時点で、だいたいの席次を考えおくほうが、作成がスムーズに進められます。
会場と料理のスタイルだいたいの人数が決まったところで、会場担当者から席の配置図をもらっておくといいでしょう。

着席の披露宴では、席次に対する心配りが重要です。

披露宴会場の席は、メインテーブル(高砂。新郎新婦・媒酌人夫妻が座る席)に向かって左が新郎側、右が新婦側になります。
メインテーブルにもっとも近い位置が上席、出入口にもっとも近い位置が末席です。

招待客の席は、上席から主賓、目上の方々(上司、恩師など)、先輩、友人、同僚など、親戚、家族の順に配置し、末席が両親となります。

しかし、序列だけに注目して配置すると、知らない人どうしが隣になったりして、招待客も気疲れします。
招待客の年齢や立場を考慮し、同じ職場、同じ大学の出身者など、できるだけ面識のある親しい人どうしが近くなるように考慮します。

どうしてもお互い面識のない人どうしに同席していただくしかないときは、なるべく話をしやすそうな人どうし、年齢が近い人どうしが並ぶようにします。

披露宴

誰とも面識がないようなひと(たとえば個人的にお世話になった家庭教師の先生など)は、話好きで気配り上手な信頼できる人にあらかじめ「ほかに知り合いがいないので、気を配ってあげてほしい」とお願いしておき、その人の隣に配置するといいでしょう。

新郎新婦と同年代くらいの友人知人は、あえて新郎側と新婦を一緒のテーブルに配置することもあります。
話上手な人を中心に、新郎新婦の話題で座が盛り上がり、打ち解けた雰囲気になりやすいからです。
新郎側と新婦側の招待客数に差があるときは、新郎側新婦側混合のこのテーブルを人数の少ない側に入れることで調整します。

小さな子どものいる人の席は、できれば中央ではなく、出入しやすい場所に配置します。
司会者の席は、端のマイクの近くがいいでしょう。

豆知識

テーブルにはいろいろな形がある

披露宴のテーブルには、丸いもの(円卓)と四角いものがあり、前者は洋食や中華、後者は和食のときによく使われます。
四角いテーブルは洋食にも用いられます。
四角いテーブルは新郎側と新婦側に各1列ずつ配置する場合と、新郎側と新婦側に数列ずつ配置する場合があります。
いずれの場合も、上席から末席まで順位が決まっていますから、招待客の損ねぬよう注意して配置しましょう。
最近、少人数の披露宴ではオーバル型(楕円形)のテーブルも人気なっています。

立食式のときも席次ってある?

席次はありませんが年配者や主賓には椅子を用意します。
ときにはメインテーブルの近くにテーブルと椅子を用意したりします。

予算があれば、料理を取り分けて年配者や主賓にサーブしてくれる担当者をホテルに依頼しますが、無理ならば親族や信頼できる友人にお世話をお願いします。
失礼があってはいけないので、マナーを心得た人に依頼しましょう。