結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 差出人の名前には配慮

差出人の名前には配慮

招待客が決まったら、招待状を作成します。

招待状

招待状を発送した後に、出欠席の確認をして、人数を式場に連絡する必要がある

・文面の作成・検討は3ヶ月前

・印刷と宛名書き(筆耕)依頼は2ヶ月以上前

・発送は遅くとも1ヶ月以上前(2ヶ月前まで)

まず最初に、招待状の差出人を決めます。

古くからの習慣では、差出人は両家の父親の連名にします。
しかし近年では、結婚するふたりの名前で発送するほうが多くなっています。

ただし年配者のなかには、差出人が両家の父親でないというだけで不愉快に思う人もいるようなので、注意が必要です。
どちらかの両親がすでに他界していたり、両親の援助をまったく受けずにあくまでもふたりで披露宴を行なうというのであれば、事情を説明して、その年配者の理解を求めるようにします。

当人どうしの連名で発送するときは、親戚への招待状には「○○長女」などと書き添えるほうがわかりやすいときもあります。
差出人名は、双方の両親にも相談して決めましょう。

友人が発起人となって、会費制で行なう披露宴では、その幹事が差出人になります。
ただし招待状を受け取った人が「これは誰の披露宴なのか」すぐわかるよう、配慮することも大切です。

招待状の手作りって?

最近はこだわり派が多く、「全部は無理でもペーパーアイテムだけは手作りしたい」というカップルが増えています。具体的には、輸入ものの封筒とカードに印刷したり、クマや天使など好きな絵柄ですべて統一したり・・・・といった内容です。

たとえば天使を選んだ場合、装花やナプキンリング、引き出物からそれを入れる紙袋まですべてに天使をあしらいます。

あまりこだわると準備がたいへんですから、ブライダル用の印刷を得意とする業者や、プロデュース会社にお願いすれば、楽にこだわりを実現でき、適度な手作り感覚も伝えることができます。

婚約や結納のときの写真を貼ったり、新郎側の招待状には新郎が、新婦側には新婦が、手書きでひとこと添えたりするケースも。
ただし結婚式と披露宴は大切な儀式ですから、あまりくだけすぎないように気をつけましょう。

披露宴の進行や招待客の選びかたなど

目安は結婚式の5~2ヶ月前

■招待客の選びかた・・・招待したい人をまずはリストアップ

■招待客の選び方・・・招待客の最終確認

■招待状作成のポイント・・・差出人の名前には配慮が必要

■招待状作成のポイント・・・招待状の文面を決める

■招待状の印刷ができるまでにしておくこと・・・

■招待状ができ上がったら・・・

■招待状が出来上がったら・・・ハガキの返信の確認

■披露宴の席次の決めかた・・・着席の披露宴では特に席次に対する心配りを

■席次表の作成・・・席次表作成の前に確認したいこと

■席次表の作成・・・席次表の印刷依頼

■招待客の交通と宿泊の手配・・・先方の都合に合わせ早めに手配を

■招待客の交通と宿泊の手配・・・媒酌人や主賓には必ず車の手配を