結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 招待客のリストアップ

招待客のリストアップ

結婚

挙式・披露宴には、招待したい人すべてを呼べればいいのですが、会場の広さや予算のこともあり、それは無理なのがふつうですから、招待客をしぼることになります。

まずは、招待したい人を、男性側・女性側それぞれリストアップします。
思いつく人はすべて、とりあえず書いてみます。

次に、それぞれの人のランクづけをしていきます。

自分のやりやすい方法でかまいませんが、A=主賓クラス、B=必ず招待したい人、C=できれば招待したい人、の3段階程度に分けるといいでしょう。

その後、男性側と女性側のリストをつき合わせ、どこまでの範囲の人数を何人ずつ招待するかを調整します。

親戚の招待は3親等までが一般的ですが、仲良しのいとこがいる場合や、地方のしきたりでもっと広範囲まで呼ぶ必要がある場合は、臨機応変に対応します。

友人・知人は、会社の上司、先輩、同僚や大学・高校・中学などの友人を招待します。
しかし全員を呼ぶのは無理な場合が多いので、それぞれのグループから特に親しい人、代表になる人を招き、残りの方々は2次会に招待します。
2次会を行なう予定がなければ新居に招待するなどして、日頃の厚情に対する感謝を示しましょう。

男性側と女性側の招待客はほぼ同数というのが基本ですが、それほど神経質になる必要はありません。
ただ双方の人数がかけ離れて違うときは、共通の友人・知人に人数が少ない側の招待客として出席してもらったり、人数が多い側の招待客をしぼったりして調節します。

どうしても調整がつかなければ、席次を工夫して、招待客数の差が目立たないようにします。
円卓を用いれば、わかりづらいはずです。
ただし、女性側の招待客が男性側より極端に多いのはできれば避けたほうが無難です。

親戚を主体に招待するか、友人・知人を中心にお呼びするかも、両家で相談します。
一方の席は年配者ばかり、もう一方の席は若い友人ばかり・・・では、招待客のバランスがとれません。>br />
事前によく打ち合わせておきましょう。

豆知識

招待客がしぼりきれないときは?

招待客がしぼりきれなければ、最近増えてきた2部制披露宴を検討してみては。
これは、招待客の顔ぶれを分けて、披露宴を2回行なうこと。
1部は親戚や会社の上司、恩師などの年配者を中心にオーソドックスに、2部は友人・知人
などを中心にカジュアルに(しかし2次会よりはあらたまって)行なうのがふつう。
披露宴と1.5次会を続けて行なうような感じでしょうか。
2部は着席ブッフェや立食で行なうこともあります。

披露宴の進行や招待客の選びかたなど

目安は結婚式の5~2ヶ月前

■招待客の選びかた・・・招待したい人をまずはリストアップ

■招待客の選び方・・・招待客の最終確認

■招待状作成のポイント・・・差出人の名前には配慮が必要

■招待状作成のポイント・・・招待状の文面を決める

■招待状の印刷ができるまでにしておくこと・・・

■招待状ができ上がったら・・・

■招待状が出来上がったら・・・ハガキの返信の確認

■披露宴の席次の決めかた・・・着席の披露宴では特に席次に対する心配りを

■席次表の作成・・・席次表作成の前に確認したいこと

■席次表の作成・・・席次表の印刷依頼

■招待客の交通と宿泊の手配・・・先方の都合に合わせ早めに手配を

■招待客の交通と宿泊の手配・・・媒酌人や主賓には必ず車の手配を