結婚までの流れ > 披露宴の準備とマナー > 料理を決める前に必ず試食を

結婚式場料理の試食


披露宴での料理は、招待客のことを第一に考えて選びます。

披露宴料理

料理の内容は招待客の印象を大きく左右し、当日の満足度にも関わってきます。
披露宴の成功の鍵を握る大きなアイテムのひとつですから、決定は慎重に。
試食は必ず行ないましょう。

最近は披露宴の料理の内容も多彩になり、和食、フランス料理、中華のほか、イタリア料理などコースの選択肢が増えてきました。
若い出席者が多い披露宴では、着席ブッフェを選ぶケースも少なくありません。

最近は「ふたりらしさ」の感じられる式や披露宴が人気なので、料理コースの内容も、単品の差し替えが可能だったり、前菜や主菜を招待客に合わせて選べるなど、ふたりの意見を取り入れてくれる会場が増えています。
デザート・ブッフェも急激に人気が出てきたスタイルで、若い女性の招待客に好評です。

料理のコースは価格によってランクが異なり、最上級から2番目のコースが人気が高いそうです。
しかし高額な料理ほどおいしいかといえば、決してそんなことはありません。
式場はどこでも、料理には力を入れています。
安い料理だから手抜きをするということもありません。
まして、安いから品数が少ないということはなく、料理はフルコースが出てきます。

披露宴会場の下見をして、きちんと打ち合わせをしましょう

下見の結果、料理の見栄えや、味にさほど遜色がないのであれば、予算の範囲で料理を設定することが大切です。
どこで料理の値段が違ってくるのか、会場の担当者に遠慮せず確かめましょう。

当日の会場内の給仕担当者(配膳係)の人数も確認しておきます。
招待客8人につき1人というのが基本で、これより人数が少ないと、料理をベストな状態で運べない心配があります。

豆知識

飲み物の内容も検討しておく

飲み物は飲み放題のフリードリンク制が主流ですが、会場によってアイテム数や種類が異なるので注意をします。
招待客の顔ぶれを考え、年配の男性が多ければ洋食でも日本酒を加えるなどの配慮を。
その際は、コースの前に軽いつきだしを頼んだり、前菜だけ和食の八寸風にアレンジしてもらってもいいでしょう。

料理試食