結婚式場の選び方

挙式・披露宴のイメージがふたりの間である程度固まったら、条件に応じていくつかの候補を探します。

①希望の式場の絞込み

たくさんの式場のなかからいくつかの候補をしぼり込む作業には、当サイトでも紹介しているブライダルフェアや式場見学会が便利です。
またプロデュース会社を利用する方法もありますが、料理の試食やウエディングドレスの試着、披露宴の雰囲気など実感できるのはブライダルフェアや式場見学会がおすすめです。。

お目当ての会場をピックアップしたら、電話をしてパンフレットなどを取り寄せて研究・検討をします。
インターネットを使って、その会場が開設しているホームページをのぞく方法もあります。

この段階で、挙式スタイルや予算、招待客の人数、希望の日取り、料理の内容などをふたりの間でだいたい決めておきます。

②会場の下見

内容が気に入ったら、必ず実際に現地を訪れましょう。
写真と実物とは、かなり違うものです。
また、従業員の応対や心配り、料理の味、会場全体の雰囲気など、実際に出かけてみないとわからないことも多いものです。
パンフレットやホームページではわからない部分を、しっかりチェックしましょう。
必要ならば会場に予約をして下見したり、ブライダル・フェアに出かけたりします。
めんどうがらずに、最低でも3~4ヶ所は下見に訪れることをおすすめします。

結婚式の下見というと、先方の愛想がいいのは当然です。
あくまで一般の客としての視線で見ることも大切です。

宴会場は、セッティングした状態と、ガランとした状態とでは、見た目がまるで違います。
できれば披露宴前のセッティングした状態を見せてもらえるよう依頼します。
ブライダル・フェアをのぞくか、自分たちが使いたいと思っている宴会場を、午後からの披露宴のセットがすんだ状態で(午前中に)見せてもらうのがベストです。
そのときには、招待客何人分のセッティングがなされているのかもきいてみましょう。
新郎新婦の控室や親族控室はもちろん、メイク室やトイレなど、気になるところは全部見るくらいの気持ちで出かけます。

できれば、その会場を利用した人の話も聞きたいところです。
大安吉日の休日を選んで見に行けば、ロビーや喫茶室には、招待客があふれています。
ピークの状態での式場側の対応や、披露宴後の招待客の会話なども、参考にしてみてはどうでしょう。

③式場の仮予約

気に入った式場が見つかったけれども、もう少し検討したいというときには、仮予約のシステムを利用します。

仮予約の有効期間は、会場によって多少異なりますが、通常は1週間です。
この間は、特別な予約金など支払わずに、無料で希望の日取りの式場や披露宴会場をキープしておくことができる制度です。

仮予約の期間中に、会場側に細かい見積もりを出してもらったり、内容について詳細な説明を受けたりして、最終的な検討を行ないます。

④予算の相談と内容の検討

下見の際(または仮予約時)、式場では見積もりを立ててくれます。
予算は最終的にオーバーすることがほとんどですから、最初のうちは予算を少なめに申告して、見積もりを立ててもらうようにします。

会場で係りの人にあれこれすすめられ、ふたりの夢もふくらんで、つい予算を大きくオーバーしてしまうこともあります。
本予約の前には、あとで内容の変更が可能かどうか、確認することも大切です。
料理の内容や招待客の人数、衣装などの変更を、変更料なしで行なえるかどうかは、じつはとても大切なことです。

「パックで80名で200万円です。全部付いていますから安心ですよ」といわれることもありますが、どのようなときでも詳しい内容を納得のいくまで確認しましょう。

どれがパックに含まれていて、どれがオプションのメニューで、オプションはいくらなのか。
パックに含まれているのは料理や装花はどのようなグレードのものか。
お金をプラスすれば料理や装花のグレードアップは可能なのか。
衣装はどれくらいの点数のなかから選べるか。
気に入ったものがなければ持ち込めるかなど、確認すべき事項はたくさんあります。
情報誌や本などでチェック項目を調べ、一覧表にして持っていくと安心です。

予算について相談するときには、両家(ふたり)の費用の分担についても話し合っておきましょう。

⑤第三者に意見を聞く

もちろんふたりだけで会場を決めてもかまわないのですが、できれば双方の両親の意見を聞くようにします。

細かい心配りが必要な挙式・披露宴に関しては、人生経験を積んだ両親の意見が参考になることも多いものです。
すでに結婚した友人のアドバイスなども、思いがけず役に立つものです。

式場と実家が近ければ、両親に下見に同行してもらうといいでしょう。
遠方の場合も、パンフレットなどを送って意見をきくようにすると、両親に疎外感を抱かせずにすみます。

⑥本予約・契約

気に入った式場が見つかったら、本予約(正式予約)をします。
これには予約金が必要で、会場によっては5~30万円程度を納めるのがふつうです。
このときに、キャンセル料も確認しておきます。

キャンセル料は会場によって違いますが、一般的には6ヶ月前まではなし、3ヶ月前くらいまでが半額程度、それ以降は全額近くというのが目安です。

ブライダルフェア