結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 季節・日時を考える

季節・日時を考える

結婚式の時期で人気なのは、春(3~5月)と秋(10・11月)、そして6月です。

結婚

しかし、日本では6月は梅雨にあたります。
ジューン・ブライドへの憧れが大きいのはわかりますが、招待客のこともよく考えて梅雨入り直前の6月初旬を選んだり、あるいは梅雨どきならば駅に直結した式場を予約する、などの心配りをしたいところです。

またゴールデンウィークは結婚式が数多く行なわれますが、せっかくの連休を楽しみたい人にとっては、自分の予定が入れられなくなって意外と迷惑な場合もあるということを頭に入れておきましょう。

このようなハイシーズン(結婚式が多く行なわれている時期)の土曜、日曜の吉日は式場をかなり前から予約しないと間に合わないのが実情です。
その他、最近では9月の結婚式も人気ですが、このような時期には、何組もの結婚式が同時に行なわれることが多く、式場内も混雑して落ち着かないムードになることがあります。

招待客や媒酌人のことを第一に考え、皆が都合が付きやすい日時を設定

逆に、オフシーズンと呼ばれるのは、盛夏と冬です。
現代ではどの式場も空調が完備されています

盛夏でも式場内は涼しく保たれていますが、招待客にとっては外出そのものがややつらい季節かもしれません。
逆に冬は、雪の多い地方を除いて晴天率も高く、意外とおすすめです。
実際12月~2月にかけての結婚式も最近は人気となっており、式場によっては予約がとりづらい状況になっています。

ともかく招待客や媒酌人のことを第一に考え、皆が都合をつけやすく、心地よく過ごせる季節・日時を選ぶことが大前提です。
最近は会社の状況に合わせて仕事に比較的余裕のある時期を選んだり、平日の夜に挙式・披露宴を行なうカップルも増えています。

六輝(六曜)についても、あまりこだわる必要はありません、人それぞれの考えがありますから、身内に気にする人がいるならば、皆が納得できる日を選ぶように配慮しましょう。

女性の生理が順調で予想できる場合には、生理日は避けたほうが無難です。

日取りによって料金は変わる?

ホテルや式場によっては「サマープラン」「ウィンタープラン」あるいは「ナイトプラン」といった割安のプランを提供しているところもあります。
平日や仏滅にも、割安なプランが用意されていることがあります。

交通が便利で駅から近ければ、盛夏や真冬(雪の多い地方を除く)の式でもさほど問題はありませんし、高層ホテルの窓のある宴会場なら、夜の披露宴の夜景が招待客に好評を博すこともあります。

本人も身内も自営業ならば平日挙式でも問題が少ない場合もあります。
美容師さんどうしの結婚なら、定休日の火曜がベストということもあるでしょう。

希望のホテルや式場にどのような割安プランが用意されているかを確認し、自分たちの条件に合っていて、招待客にも大きな迷惑をかけずにすむようであれば、利用価値は大。
利用法によっては、ずいぶん得ができそうです。

挙式・披露宴までの準備とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■基本的なブライダルプランを決める

■挙式や披露宴の決め方

■披露宴の種類

■結婚式のスタイルを決める手順

■披露宴のスタイルを決める手順

■結婚資金の費用とは

■高額な結婚資金の捻出について

■結婚式の日取りの決め方・・・なるべく早めに決定を

■結婚式の日取りの決め方・・・皆が心地よく過ごせる季節・日時を

■挙式・披露宴の会場探し・・・ふたりの希望のプランに合わせた会場選び

■挙式・披露宴の会場探し・・・ホテルや専門式場など

■挙式・披露宴の会場探し・・・候補のしぼり込みから契約までのしかた

■披露宴までの料理の決め方・・・料理を決める前に必ず試食を

■披露宴までの料理の決め方・・招待客に合わせた特別料理の用意をする

■披露宴の演出について・・・ふたりらしい演出プランとは

■披露宴の演出について・・・ふたりのコンセプトを具体化して決定