結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 日取りは早めに決定

日取りは早めに決定

人気の式場は、1年以上前から、土曜日や日曜日は予約でうまってしまいます。
できれば挙式の半年くらい前には日取りが決まるようがんばりましょう。

両親と、媒酌人を立てる場合は、媒酌人の都合もありますので、ふたりだけの考えできめるわけにはいきません。
まずは挙式日について、両親や媒酌人と相談します。
また、挙式・披露宴をお願いしたい特定の会場がある場合は、そこの空き状況に合わせて日取りを設定することになります。

いずれにしても、早めに見当を始めることが大切です。

挙式・披露宴までの準備とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■基本的なブライダルプランを決める

■挙式や披露宴の決め方

■披露宴の種類

■結婚式のスタイルを決める手順

■披露宴のスタイルを決める手順

■結婚資金の費用とは

■高額な結婚資金の捻出について

■結婚式の日取りの決め方・・・なるべく早めに決定を

■結婚式の日取りの決め方・・・皆が心地よく過ごせる季節・日時を

■挙式・披露宴の会場探し・・・ふたりの希望のプランに合わせた会場選び

■挙式・披露宴の会場探し・・・ホテルや専門式場など

■挙式・披露宴の会場探し・・・候補のしぼり込みから契約までのしかた

■披露宴までの料理の決め方・・・料理を決める前に必ず試食を

■披露宴までの料理の決め方・・招待客に合わせた特別料理の用意をする

■披露宴の演出について・・・ふたりらしい演出プランとは

■披露宴の演出について・・・ふたりのコンセプトを具体化して決定