結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 高額な結婚費用の捻出

高額な結婚費用の捻出

無理な予算を立てたら後で後悔します

結婚自分たちらしい結婚式を挙げたいとしいこだわりがあるのなら、親には頼らずふたりの自己資金だけでまかなうのがベストです。
そのほうが、挙式・披露宴をふたりで自由にプランニングしやすいはずです。

とはいえ、親からの援助を受けて挙式・披露宴を行なっている人の割合は、それなりの数字になっています。
親が援助したがっている場合、それを固辞するのは難しいという事情もあります。

本来、結婚式は本人たちの経済力の範囲内でまかなうべきものです。
しかし、一生に一度のことなので、どうしても予算以上にお金をかけたいというカップルも少なくありません。
費用が足りなければ最後の手段として借金がありますが、結婚はゴールではなく新生活のスタートですから、今後のことをよく考えることが大切です。
借りる相手としてもっとも安心なのが親、次が会社(福利厚生資金)です。

ローンは返済計画をキチンと立てて利用しましょう

なかにはローンを利用するケースもあります。
「結婚のためだけにつかう」という、お金の使いみちを限定した形のブライダルローン(金利が低く設定されている)を用意している金融機関もあります。

しかし、当然のことながら、借金は返さなくてはなりません。
挙式後の新生活のことを考え、

自分たちの経済力に合った挙式・披露宴を計画することが重要です。

ご祝儀(心付け)について

ご祝儀とは、挙式・披露宴でお世話になった方々に渡すお金のこと。
中身は新札というのがマナーなので、銀行へ行って早めに準備しておきます。

費用を節減するとき、いろいろな部分の予算を削っても、ご祝儀(心付け)をけちるわけにはいきません。
必ず最初から、予算に組み込んでおくことが大切です。

ホテルや式場によっては、一切の心付けを受け取らない方針のところもありますが、そのときは「予算が余ってラッキー」と考えることにし、ご祝儀袋と中身だけはきちんと用意しておきます。

当日にならないと、美粧や着付けを何人でしてくれるかわからないこともあります。
予想より多い人数にお世話になってもあわてることのないよう、あらかじめご祝儀袋と一緒に2000円、5000円、1万円の新札を多めに用意しておきましょう。

挙式・披露宴までの準備とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■基本的なブライダルプランを決める

■挙式や披露宴の決め方

■披露宴の種類

■結婚式のスタイルを決める手順

■披露宴のスタイルを決める手順

■結婚資金の費用とは

■高額な結婚資金の捻出について

■結婚式の日取りの決め方・・・なるべく早めに決定を

■結婚式の日取りの決め方・・・皆が心地よく過ごせる季節・日時を

■挙式・披露宴の会場探し・・・ふたりの希望のプランに合わせた会場選び

■挙式・披露宴の会場探し・・・ホテルや専門式場など

■挙式・披露宴の会場探し・・・候補のしぼり込みから契約までのしかた

■披露宴までの料理の決め方・・・料理を決める前に必ず試食を

■披露宴までの料理の決め方・・招待客に合わせた特別料理の用意をする

■披露宴の演出について・・・ふたりらしい演出プランとは

■披露宴の演出について・・・ふたりのコンセプトを具体化して決定