結婚までの流れ > 婚約の形式とマナー > 婚約解消時の仲人への謝礼

婚約解消時の仲人への謝礼

婚約を解消した場合でも、仲人にはきちんと謝礼を渡します。

婚約解消

「薄謝」と記した熨斗袋に相応の現金を入れ、おわびにうかがいます。
中身は折半します。
一緒に出向くのが難しい場合は、謝礼の半額ずつを包んで、別々にうかがいます。

お祝いをもらった人にも、あいさつ状におわびのことばを添えて知らせます。
いただいたお祝いはそのまま納め、同額程度の金券類(商品券など)をお返しするのがスマートです。
その際には「お納め願います」とあいさつします。
「お返しします」ということばは、せっかくお祝いをくださった相手に失礼なので、絶対に避けましょう。

婚約解消時に返すべきもの

結納金や結納品、受書、婚約記念品などはもちろんですが(指輪などの場合は相応の現金を返すことも)、家族書・親族書・健康診断書・写真など婚約で取りかわしたもののすべてを返します。

また、交際期間中にやりとりした手紙や、撮影した写真なども、あとに残らないようにすべて処分します。
特に、一方が婚約解消に納得していない場合、まれなケースではありますが、「せめて手紙だけは持っていたい」などと事態がこじれることもあります。

このようなときには、間に入った仲人や弁護士などに、「送った手紙が○通と、一緒に撮った写真○枚があるはずなので、返してもらって処分したい」と伝えて返却してもらい、第三者とともに処分するといいでしょう。

婚約期間中には、基本的に、形に残るものをあまりやりとりしないほうがいいといわれるのは、このうにな「万一」に備えてのことのようです。

婚約していたという事実も、婚約を解消したということも、別に隠すような恥ずかしいことではありません。しかし、できる限り形を残さないように処分するのが、マナーにかなっているといえるでしょう。

婚約の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■婚約を記念する贈り物

■婚約指輪

■婚約のスタイル・・・双方の両親の気持ちもくみふたりらしいスタイルで

■婚約のスタイル・・・婚約通知状の発送のみで婚約を知らせる方法も

■婚約の解消・・・婚約解消は人を介すほうがスムーズ

■婚約の解消・・・ふたりが納得したうえでの婚約解消ならば

■婚約の解消・・・一方的な婚約解消について

■婚約の解消・・・婚約解消の通知状を出す

■婚約の解消・・・仲人への謝礼とお祝い返し