婚約解消

予約していた式場などは迅速に解約しましょう

婚約を解消することになったとき、婚約式や婚約パーティーを行なって友人を招いたり、婚約通知状を発送したり、ときには披露宴の招待状を発送していたりして、周囲に婚約を知らせている場合は、急いで取り消さなくてはいけません。

婚約解消

親族や友人など、婚約したことを知らせた相手にだけ、婚約解消を通知します。
通知状を送る場合は、解消理由など細かいことには触れず、ふたりの連名で発送します。
ただし、感情的にこじれて双方が不仲なときには、各人で出すことになります。
家の事情で婚約を解消したときには、親と連名で出すケースもあります。

婚約の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■婚約を記念する贈り物

■婚約指輪

■婚約のスタイル・・・双方の両親の気持ちもくみふたりらしいスタイルで

■婚約のスタイル・・・婚約通知状の発送のみで婚約を知らせる方法も

■婚約の解消・・・婚約解消は人を介すほうがスムーズ

■婚約の解消・・・ふたりが納得したうえでの婚約解消ならば

■婚約の解消・・・一方的な婚約解消について

■婚約の解消・・・婚約解消の通知状を出す

■婚約の解消・・・仲人への謝礼とお祝い返し