結婚までの流れ > 婚約の形式とマナー > 納得ずくでの婚約解消

納得ずくでの婚約解消

>仲人さんがいる場合は、仲人さんに依頼する

婚約解消

お互いに話し合った結果、双方が納得した婚約解消であれば、まず両親にその事実を告げ、仲人を立てている場合には、仲人に説明に出向きます。

お互いに同席するのもつらいという場合は、個々に出かけても、どちらか仲人と縁の深いほうが出向き、もう一方は手紙をしたためるといった形でもかまいませんが、その場にいない相手の悪口などは決して口にしないようにします。

贈り合った結納金や結納品、婚約記念品などの金品はもちろん、家族書などの書類も含めてすべて相手に返します。
その際には、立会人(仲人など。仲人を立てていない場合は、双方のことを知っている年長者など)を通して返したほうが、トラブルなくスムーズに事を運べます。

そしてなるべく早めに、結婚式場や新婚旅行などの予約をキャンセルします。
式や旅行の時期が迫るほどキャンセル料は高額になるので、解約はすみやかに行ないましょう。
キャンセル料(解約料)が生じたときには、婚約解消の原因をつくった側が負担します。
もちろん折半にする場合もあります。
そのあたりの処理や判断も、立会人にお願いするのがふつうです。

婚約の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■婚約を記念する贈り物

■婚約指輪

■婚約のスタイル・・・双方の両親の気持ちもくみふたりらしいスタイルで

■婚約のスタイル・・・婚約通知状の発送のみで婚約を知らせる方法も

■婚約の解消・・・婚約解消は人を介すほうがスムーズ

■婚約の解消・・・ふたりが納得したうえでの婚約解消ならば

■婚約の解消・・・一方的な婚約解消について

■婚約の解消・・・婚約解消の通知状を出す

■婚約の解消・・・仲人への謝礼とお祝い返し