結婚までの流れ > 婚約の形式とマナー > 双方の両親の気持ちをくむ

双方の両親の気持ちをくむ

婚約のやりかたは人それぞれです。
結納

昔から日本でもっとも多く行なわれている婚約の形が結納であり、近年では婚約パーティーや婚約式を行なう人も増えてきました。

もちろん、結納や婚約パーティーなどは一切行なわなくてもかまいません。
ただし、結婚の約束がふたりの間だけの口約束のうちは、残念ながらそれは正式な婚約とは呼べません。
ふたりの婚約を周囲にきちんと知らせて認めてもらうことで、それは初めて正式な婚約となるのです。

婚約を周囲に知らせることでふたりの自覚が深まり、約束がより確かなものになります。
また万一、婚約を解消するようなことになっても、婚約の事実があったと周囲に証明してもらえれば、無用なトラブルが避けられます。

婚約の方法はいろいろです。
基本的にはふたりの自由にしてかまいませんが、せっかくならば皆に祝福されたいもの。
双方の両親の意見も聞いて話し合いながら、多くの人に喜んでもらえる、自分たちらしい形を決めるようにしましょう。

ホテルや式場の婚約パックはどんなもの?

ホテルや式場には、結納パック同様に婚約式のパックをプランとして提案しているところもあります。
チャペルでの婚約式の後に両家の食事をセットしたパターンが一般的で、料金は6名で10万円~20万円程度。式の進行をすべてまかせられるので安心です。

結納しなくても婚約できる?

「私たちは結婚の約束をしました」と周囲に知らせることが婚約です。
だからそのやりかたはどんな風でもかまいません。
「私たち、婚約しました」というあいさつ状を知人に発送するだけでもかまいません。
結納というのは、日本独特の婚約のスタイルなのです。
最近は、欧米式にチャペルで婚約式をとり行ったり、友人を証人にして婚約パーティーを行なったりするカップルも増えています。

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳