結婚までの流れ > 結納の形式とマナー > 結納の会食・会場費の支払い

結納の会食・会場費の支払い

結納

結納を行なう場合、結納金や記念品などの準備にお金がかかるのはもちろんですが、その形式によって、会食費や会場費など、さまざまな費用がかかります。

かつては男性側が充分な結納金を用意し、結納の会場は女性側が用意するというのが一般的でしたが、最近では双方の負担を考え、折半にするケースが多いようです。

お金の話というのはなかなかしづらいものですが、後で話がこじれたり、わだかまりを残したりするよりきちんと話し合っておくほうが賢明です。

心配なことがあれば、早め早めに相談しましょう。

その際には、本人どうしが両家の意見を調整し、親の承諾を得る形が理想です。
両家どうしが直接相談をするのは、もともとよく知っているどうしでないだけに、難しいものです。
無用のトラブルを避けるためにも、本人どうしが間に入ってかんばりましょう。
折半といっても、支払い方法は結納の形式によって違ってきます

●女性宅で結納を行なう場合

通常、会場の準備に関わるお金は女性側で負担します。
結納後に祝い膳を囲む場合も、その会場が女性宅であれば女性側で費用をもつのうが一般的です。
一方の男性側は結納品を用意し、仲人を立てていれば仲人のお車代を負担するなどして、双方の出費がなるべく均等になるように工夫します。

結納後に場所を移して、料亭やレストランで会食を行なう場合は、その費用は両家で折半するケースが多いようです。

●仲人宅で結納を行なう場合

仲人へのお礼に、かかったと思われる経費を上乗せして渡します。
両家で折半し、連名の熨斗袋に入れましょう。

結納後に祝い膳を料亭やレストランで囲んだときには、仲人の分も含めた全額を両家で折半するのが一般的です。

●ホテルや式場、レストランで結納を行なう場合

かかった費用を両家で折半するのがふつうですが、女性側の和装の着付けや美粧などの個人的な費用は、個々の負担とします。

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳