結婚までの流れ > 結納の形式とマナー > 仲人をたてた伝統スタイル

仲人をたてた伝統スタイル

近年は、ホテルを利用する人が増えています。

結納

結納は仲人が両家を往復するのが正式とされています。
伝統的な方法にもっとも近いというのがその理由のようです

この形式は仲人にめんどうをかけるうえ、両家が離れていると時間と手間もかかります。
最近この形式での結納は少なくなりました。

往復型の結納のながれ

仲人夫妻は、まず男性宅を訪れ、結納品を預かります(関西などの結納品を持ちきれない地方では、目録のみを運ぶ場合も)。
そしてその結納品を持って、今度は女性宅を訪ね、結納品を渡して受書を預かります。
さらに女性側から男性側への結納品も預かり、再び男性宅へ向かいます。

男性宅で、仲人は預かってきた受書を渡し、女性側からの結納品を納め、それから男性側の受書を預かります。
この受書を持って、再び女性宅へ向かいます。
仲人は、両家の間を一往復半することになります。

結納の儀のあとは、祝い膳を囲みます。
これは伝統的には女性宅で催します。
つまり当日は、男性側と女性側が顔を合わすことはありません。

しかし近年では、儀式のあとに両家と仲人が一緒に祝い膳を囲むことも少なくありません。
その場合の場所も女性宅、レストラン、料亭などさまざまです。
また、後日あらためて酒席を設けるケースもあります。

祝宴を省略する場合は、仲人に酒肴料を包んだり、折り詰めを用意するなどして、労をねぎらう心配りをします。

仲人が使者になる結納の条件

仲人が使者となって両家を往復するのは、もっとも伝統的な結納のスタイルです。
近年ではほとんどみられなくなったとはいえ、なるべく伝統的に結納と結婚式を行ないた
カップルが、このスタイルを選ぶケースもあります。

しかし、このスタイルで結納を行なうためには
・理解があって両家の往復をいとわず、しかも面倒なことを頼んでもかまわないと思われる仲人の心当たりがある
・両家の距離が近いという条件が必要になります。
両家の距離は片道一時間くらいまでが限界でしょう。
それより遠いと、往復してくださる仲人に対しても失礼になります。

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳