結婚までの流れ > 結納の形式とマナー > 両家合同で行う結納のマナー

両家合同で行う結納のマナー

両家が一堂に会して行なう結納は、仲人の有無にかかわらず「略式」と呼ばれます。

結納会場

仲人を立てない形式の結納が増えている最近では、もっともふつの形式になっています。
この方法のメリットは時間と手間が節約できる点につきます。

仲人を立てている場合も、仲人に両家を往復する手間をかけずにすみますし、当事者も仲人の到着を「いまかいまか」と待つ必要がありません。
ホテルや式場、料亭などで行なえば、会場の準備もせずにすみます。

一堂に会すといっても、ホテルや式場、料亭や、女性(あるいは男性)宅、仲人宅など、その場所はさまざまです。
しかし結納の方法はいずれも同じなので、一通り頭に入れておくといいでしょう。
ホテルや式場などで行なう場合は、会場のスタッフが進行してくれます。

結納の会場に着いたら、案内された部屋で、結納品の確認と準備をします。
結納の儀がすむまで、私語は極力つつしみます。

>両家合同で仲人を立てずに行なう結納

近年は、仲人を立てずに行なう結納が一般的となり、その割合は9割以上といわれています。
仲人を立てずに行なう結納では、仲人的な役割を、男性側の父親が担うことになります。
ホテルや式場などでは会場の人が進行してくれますが、自宅での結納の場合には、男性側の父親が儀式を進行します。

全体の進行のあいさつ、口上は父親の役目、結納品や受書を運ぶのは母親の役目、と思っておけば、まず間違いはありません。
関西では、結納品のそれぞれが白木の台にのっていますので、すべてを受け渡すことができません。
通常は、目録のみをやりとりします。
女性側から結納品は、ない場合も少なくありません。

>両家合同で仲人を立てて行なう結納

結納のやりとりは、すべて仲人を間にして行います。
気をつけたいのは、相手側と仲人がやりとりをしているとき。
相手側がやりとりをしているときは、こちらはその様子を見守るだけです。
一緒に礼をしたりしてはいけません。
ついつられて頭を下げてしまいそうになるので、注意をします。

和室では、終始、正座のままで行ないます。洋室では、最初としめくくりのあいさつのときのみ立ち上がり、そのほかは椅子に座ったままで厚情を述べ合います。
仲人夫人と母親は、結納品(あるいは目録や受書)を運ぶときにも立ち上がります。

  

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳