結婚までの流れ > 結納の形式とマナー > 結納の席次を決める

結納の席次を決める

結納

席次については、当日、仲人、あるいは(ホテルや料亭といった場所を利用する場合は)会場の人が指示をしてくれることがほとんどなので、それほど神経質になることはありません。

席次の基本は、上座から本人・父親・母親の順となります(本人がいちばん下座に座る地方もあります)。

往復型の場合は、仲人夫妻と当事者が向かい合って座ります。

両家が一同に会す場合は、床の間または飾り台(結納飾りや受書を置く台)に向かって右側に男性側、左側に女性側が座ります。
上座から本人どうし、父親どうし、母親どうしが向かい合う形になります(地方によって、本人がいちばん下座の場合もあります)。
男性が婿養子に入る場合は、左右が逆になります。

これまでは、仲人はもっとも下座に座っていましたが、最近は上座を用意するのが一般的です(地方により異なるので確認を)。
仲人は目上の方ですし、こちらから役目をお願いしている立場の方でもあります。
その点から考えても上座に座っていただくのが自然ですし、結納品を運んでいただくという、仲人の役目の内容を考えても、結納品に近い上座のほうが都合がいいからです。

ただし仲人宅で結納を行なう場合は、仲人が下座というのが一般的です。

豆知識

畳の上を歩くときには注意して

和室では、たたみのへりを踏むことのないように気をつけます。
座るときにたたみのへりを避けて座るのはもちろんですが、入室や退室のときも、を畳のへり踏まないように注意しましょう。

女性が和装の場合は短時間で

和室で結納を行なう場合、当然ですが正座をすることになります。
そのあとに祝い膳を囲むようだと、かなり長時間の正座になります。
男性の場合は、多少足をくずしても問題ありませんが、女性はそういうわけにもいきません。

特に、普段着慣れてない人が和装で結納の席に臨んだ場合、長時間の正座は苦痛になるかもしれません。

また両親が高齢という場合も、ひざを長時間曲げたままの正座は苦痛となります。

そのような状況を考え、女性宅の和室で祝い膳を囲む場合は、乾杯程度の短時間で終わらせるケースも少なくありません。
また、結納は和室で行ない、祝い膳は洋室で囲むという工夫をするケースもあります。
祝宴だけレストランや料亭で行なうことも多いですが、料亭では椅子席を用意してもらうほうが、多少気楽かもしれません。双方で相談し、希望があれば予約の際に相談してみましょう。

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳