結婚までの流れ > 結納の形式とマナー > 結納時の目録と受書

結納時の目録と受書

結納

結納品には目録をつけて贈り、受け取った側は受書を渡します。(両家が一堂に会し結納返しも行なう場合、受書は省略することがあります)。

目録とは、当日贈る結納品を箇条書きにして、結納品に添えて渡すものです。
受書とは、目録どおりの結納品を確かに受け取りました、という証に渡すものです。

目録と受書の用紙は市販されており、たいていは結納品一式にセットされています。
品物などはすでに印刷されていて、一部分だけを記入すればいいようになっています。
自分で記入しても、結納品を購入した店などで筆耕を依頼してもかまいません。

目録と受書の書式は地方によって異なります。
また、書類はたいてい金包きんぽう(金宝包きんぽうづつみ)の部分が空欄になっていますが、その呼びかたもちほうによってさまざまです。
さらに表記が違う(たとえば東海では結美和ゆびわと書くが、九州では優美和ゆびわと書くなど)こともあるので、きちんと確認をします。

名前の部分も、

 

・自分と愛との名前を書く
 ・自分の父親と相手の父親を書く
 ・「○○家様」と書く

 日付の部分も、
 ・年月日を書く
 ・日付は「吉日」にする

など、地方や家の考えかた次第で細かく相違が出てきます。

結納品を購入する際に、その地方のしきたりをよく確認し、担当者に相談しながら両家の意向もくんで、細かい部分まできちんと決めるように心がけましょう。

豆知識

目録や受書の記入を依頼すると

目録と受書の筆耕を依頼すると、筆耕料は10000円から20000円程度かかるのが一般的です。
なお、本人名を記入する地方の場合、本人の署名部分は自分で書き込むようにすることをおすすめします。
署名をすると、気分が引き締まり、婚約する責任を感じることができます。

書類に関して気をつけること

目録や受書には、結納品にセットでつてくる用紙を利用したほうがいいでしょう。
どの地方の習慣に合わせるかによって、書類の書式は変わってきます。
空欄になっている部分については

金包きんぽう(金宝包きんぽうづつみ)の呼び方とその表記(記入のしかた)の統一
・自分と相手の名前の書きかたの統一(本人名か、双方の父親名か、両家名か)
・日付の書きかたの統一などをはかるようにします。

自分で書く場合

すべて自分で書く場合は書式を参考に。一部を記入する場合は、印刷部分と差が出ないように。
墨をなるべく濃くして、楷書でていねいに書きます(文字に自信があって、印刷部分が行書の場合は、行書でも可)

目録のかきかたはまちまち

婚約記念品を目録の最後に「指輪付」「時計付」などの形で記入したり、結納金はなしの場合は、金包を記入する部分に「指輪 一環」などと書く場合も。
また一部の地方では、女性の家族全員に手みやげを持参し、その内容を目録に書く場合も。
心配な場合は、結納品(用紙)を購入する店や、地方のしきたりに詳しい人に相談してみましょう。

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳