結納金と結納返し

結納金というのは、結納時に男性側が女性側に贈るお金のこと。
新札で用意しましょう。
一般的には「御帯料おんおび」と呼びますが、地方によって「御帯地料おんおびじ」「小袖料こそで」「御結納料おんゆいのう」など呼びかたもさまざまです。

結納結納返しというのは、女性側が、男性から贈られた結納金の半額(関西では通常1割)を包んで返す習慣です。
「半返し」と呼ばれたりもします。
最近は半額ではなく10万円前後を「御袴料おはかま」として包み、形式をととのえるケースも増えています。

関東では、結納金の額にはあまりこだわりませんが、関西では、結納金の額をそれなりに重んじる傾向があります。
以前は、関西には半返しの習慣はごくわずかでしたが、最近は男性側から結納金を200万円を贈って女性側が100万円を返し、「結納金は200万円」とすることもあるようです。

関東では半返しの習慣は徐々に減り、かわりに記念になる品物(時計やスーツなど)を贈る人も多いようです。

結納金そのものを取りかわさないカップルも少しずつですが、増えてきています。

豆知識

結納金の額はどれくらい?

東京近郊で50万~70万円、親の援助がえられれば100万円。
関西では一般的には100万円で、200万円包む人も少なくありません。
結納金の平均金額は、多い順に関西、東海、九州、関東となっており、関西では平均が100万円を超えています。

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳