結納後の祝膳

結納の儀がすんだら、両家で祝い膳を囲んで同じ酒を酌みかわすのがふつうです。

結納場所

昔は、結納当日は仲人が使者となって両家を往復し、祝い膳は儀式が終了する女性宅で仲人と女性側だけが囲み、双方が顔を合わせることはありませんでした。

しかし現在はほとんどの人が、結納当日に両家で祝い膳を囲んでいます。

祝い膳は、和食でなくてもかまいません。
女性宅や仲人宅での祝宴は仕出し料理や寿司の出前などを利用するケースがほとんどです。

このときには、2つに割ってつかう割り箸は縁起が悪いので避け、寿の袋に入った、慶事用の丸い箸を用います。
女性宅や仲人宅で結納を行なった後、レストランや料亭へ移動するケースも増えています。

料亭やレストランを利用する場合は、あらかじめ結納であることを伝えて準備をしてもらいます。
新婦側の自宅で行う場合には百貨店などで用意している有名料亭の祝い膳が華やかであり、料理もおいしく喜ばれます。(画像をクリックすれば高島屋公式サイトへ進みます)
高島屋祝い膳結納を別の場所で行う場合も、結納後の祝い膳であることを伝えれば、メニューなどにそれなりの工夫をしてくれるはずです。
お酒を飲めなくても、お祝いですからせめて一口はいただきたいもの。
自家用車での移動は極力避けましょう。

式場などの結納プランを利用する場合、たいていは食事までがセットされています。

結納にかかる費用はどの程度?

 

結納の際の、結納飾り、祝い膳、場合によっては会場費などの合計費用は15~20万円程度といわれています。
仲人を立てる場合は、お車代などの名目で謝礼も用意します。
会食のみなら、料理の金額はひとり1~2万円が一般的。
仲人を立てないケースがほとんどなので、6人で6~12万円が相場のようです。

祝い膳は必ず囲むもの?

仲人を立てている場合は、仲人の労をねぎらう意味で、祝い膳を用意するのがふつうです。

両家がゆっくりお膳を囲んで話をする機会というは、じつは意外と少ないもの。
時間に余裕があれば、なるべく祝い膳を囲み、結婚式や披露宴について意見の調整、打ち合わせもするといいでしょう。

祝い膳を省略する際、仲人へは

仲人を立てていて祝い膳を省略するなら、「酒肴料、の名目で、仲人あての金包を用意します。
両家連名にして熨斗袋に入れ、お車代とは別に準備しましょう。
食事の時間帯が近ければ、あわせて折り詰めなども用意すると気がきいています。
後日あらためて酒席を設ける場合もあります。

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について,br />

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳