結婚までの流れ > 結納の形式とマナー > 結納の日取りの選び方

結納の日取りの選び方

結納の日取りは、本人どうしの都合だけでなく、双方の両親や、仲人を立てる場合は仲人の都合や意見もきいて、全員の都合がいい日を選びます。
挙式の6~3ヶ月前に行なうのが一般的です。

結納の日取り

日取りについては、しきたりを重んじ日柄にこだわる場合は、暦を調べて日柄のいい日を選びます。
婚約するふたりが日柄にこだわらない場合でも、両家の親や仲人のなかに気にする人がいるなら、その人の意見をなるべく組んであげましょう。

日柄は六輝(六曜)にもとづき、いい、悪いを決めています。
最近では「仏滅でなければいい」といった感覚が主流です。

日柄には皆、こだわっているのですか?

 

最近は、それほど日柄にはこだわらないようです。
 
日柄よりも出席者全員の都合を優先し、週末や祝祭日を選ぶ人がほとんどです。

「仏滅でなければいい」という感覚が最近の主流ですが、式場によっては仏滅の日にはパック料金を値引してくれているので、あえてその日を選んで挙式する人も少なくありません。

六輝(六曜)とは

日柄のいい・悪いは六輝(六曜)にもとづいて決められる場合がほとんど。
六輝というのは中国の陰陽五行説による、吉凶を定めるもととなる6つの日のことです。

一般にもっとも縁起がいいといわれるのは、大安です。
吉日といわれるのは、大安と友引で、おめでたい行事はこのいずれかの日に行なうことが多いようです。

   

大安  一日中、吉
        何をしてもいい日。祝いごとに最適

   

友引  午前と午後、吉
        正午は凶だが、祝いごとには好適

   

先勝  先んずれば勝つことで、午前吉。
        午後凶。祝いごとは、午前中から始めればいい

   

先負  先んずれば負けで、午前凶。
        午後吉。祝いごとは、午前以降に始めるといい

   

赤口  正午のみ吉。午前と午後凶
        祝いごとは、正午をはさんで行なうといい

   

仏滅  一日中、凶。
        何をしても悪い日。祝い事には不適

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳