結婚までの流れ > 仲人の人選、仲人の役割 > 仲人は家庭円満な年上のご夫婦を

仲人は家庭円満な年上のご夫婦を

仲人については

・婚約・結納のときからお願いする(あるいはお見合い時から引き続き依頼する)

・挙式・披露宴のときだけお願いする

・まったく立てない

という場合が考えられます。

仲人最近は仲人なしの結納を行う人の数が圧倒的に多いようですが、婚約・結納時から仲人を立てるなら、婚約・結納の準備は仲人をきめることから始まります。

結納そのものは挙式6~3ヶ月前までには決めたいもの。

仲人は「こういう人にお願いしなくてはいけない」という決まりはなく、また基準や資格といったものもありません。
新郎か新婦のいずれかをよく知っていて、ふたりのことを理解してくれる、家庭円満で信頼できるとし家のご夫婦であればいいでしょう。

仲人は結納時だけにお願いするのか、挙式・披露宴までお願いするのかも頭に入れて選ぶようにします。

仲人はこんな人に依頼します。

 ・家庭円満な年上のご夫婦
 ・ふたりのことをよく理解してくれる人
 ・信頼のおける人
 ・親身になって相談にのってくれる人
 ・結婚後も長くおつきあいのできそうな人

          具体的には
              ・職場の上司や先輩
              ・学校の恩師や先輩
              ・両親の知人
              ・近所の年長者
              ・親戚に依頼する場合も

仲人と媒酌人の違い

仲人は、挙式・披露宴の時には、正式には媒酌人と呼ばれます。
ただし、そう呼ばれるのは挙式・披露宴のときだけです。

仲人は男性側の知人が基本?

男性側の知人に依頼することが多いようですが、女性側の知人を選んでも、まったく問題はありません。
親身になって相談にのってくれ、結婚後もながくおつきあいできそうな人にお願いすることが重要です。
双方の両親の意向も、できれば大切にしたいところです。

豆知識

結納時に仲人を立てるべき?

最近では、結納時だけでなく、挙式・披露宴時も含めて仲人を立てるカップルの割合が急激に減っています。
仲人をたてると、結納も簡単にすませられなくなることや、仲人を会社の上司や恩師などに依頼する人が増え、休日に出向いていただくのはかえって申し訳ない、気をつかうので疲れる、といった考えが広まったのが理由のようです。

結納の形式とマナー

目安は結婚式の10~6ヶ月前

■結納を行うまでの段取りのいろいろ

■結納の歴史とその語源について

■結納前の準備と確認

■結納の5つの形式

■結納の形式と結納の会場

■結納の日取りの選び方

■知っておきたい結納品の種類

■両家で相談して、結納の品目数を決定

■結納品と結納返しの傾向

■結納金のしきたり

■結納金の金額の決めかた

■結納の内容としきたりに応じ、目録と受書を準備

■目録と受書のほかに家族書、親族書、健康診断書を用意

■結納時の服装マナー

■結納直前の準備・・・念には念を入れる

■結納直前の準備・・・結納の形式に合わせて席次を決定

■両家合同で行なう結納の場合

■女性宅で結納を行なう場合

■仲人宅で結納を行なう場合

■仲人が使者になる結納が一般的なスタイル

■結納の際の会食・会場費の支払

■結納品の購入について

■仲人へのお礼と心配り

■結納後の祝膳