媒酌人へのお礼

媒酌人へは、お世話になったお礼として現金をお渡しします。
祝儀しかし現金だけを渡すのは失礼ですから、何か気のきいた品物に現金を添える形にします。

一般的には、挙式の翌日にどちらかの両親か両家の連名で先方へ持参するか、新婚旅行後すぐに(挙式の後に旅行に出た場合)本人たちが旅行の報告を兼ね、おみやげと一緒に新郎新婦の連名で持参します。
最近は新郎新婦自身が持参するケースが多いようです。

媒酌人を依頼する場合、かつては両親の係累の町の名士といったケースが多かったのですが、最近では新郎新婦のお世話になった人というパターンがほとんどですので、状況に合わせて、謝礼を持参する人や袋の表書きの名前も変わります。

謝礼は金銀または、紅白の結び切りの水引のかかった金包に「寿」か「御礼」の表書きをして渡します。
媒酌人夫妻が遠方に住んでいる場合や、自宅にあまり人を招きたがらない場合などは、挙式当日に渡してもかまいません。

挙式後に行う挨拶やマナー

・目安は新婚旅行から帰宅直後
■挙式後に行う挨拶やマナー・・・挙式・披露宴後のあいさつまわり

■挙式後に行う挨拶やマナー・・・結婚通知状は挙式後1ヶ月以内に

■挙式後に行う挨拶やマナー・・・内祝いも挙式後一ヶ月以内に

■挙式後に行う挨拶やマナー・・・媒酌人へ祝儀を渡す