結婚までの流れ > 披露宴の準備とマナー > 披露宴の演出マナー

披露宴の演出マナー

披露宴がいよいよ始まる前に
●披露宴前の来賓の歓談時は
披露宴挙式後、記念撮影がすむと、家族や親族は控室で招待客にあいさつしてまわります。
わざわざいらしてくださったことにたいするお礼の言葉をかけたり、飲み物を手配したり、ひとりで手もちぶさたにしている方に声をかけたりと、するべきことはいろいろ。
招待客の居心地悪い思いをさせぬよう、配慮を怠らないようにしましょう。

最近では新郎新婦も控室に出向くことが増えましたが、その際には仲のいい友人とばかり話すのではなく、いらしてくださったすべての人に声をかけるように気を配ります。
うれしくて気分が高揚するのはわりかますが、男性も女性も花婿花嫁らしい落ち着きを忘れないようにしましょう。

●招待客の氏名、肩書きの確認を

主賓や祝辞・余興担当の人などの名前や肩書きを、披露宴で呼び間違えるのはたいへん失礼にあたります。
直前にもう一度、入念なチェックをしておきましょう。

●祝辞や余興のときには

媒酌人や主賓のあいさつ、祝辞や余興などは、ひとつひとつ、ひとことひとことを心に刻むつもりで、相手のほうに身体と顔を向けて、熱心に耳を傾けます。

●食事のマナー

かつては披露宴の間は、新婦は何も食べないというのがふつうでした。
最近では食べてもかまわないようになりましたが、大きな口を開けて口紅がはげるような食べかたをするのはいただけません。
周囲も不愉快に感じますし、口紅がはげた姿で写真やビデオに残るのは、本人も不本意なはずです。
式場の人に頼んで、料理をあらかじめ食べやすい大きさに切り分けておいてもらうといいでしょう。
ナイフやフォークの扱いに自信のない場合は、事前に正しい食事のマナーを心得ておくようにしましょう。

●来賓の出迎え、見送り時

招待客ひとりひとりに、心からの感謝をこめて、笑顔であいさつしましょう。
見送りのときは、親しい友人とつい盛り上がりがちですが、新郎新婦としての気品ある立ち振る舞いを心がけまょう。

晴れの挙式当日の進行や流れ

・目安は結婚式の6~1ヶ月前
■晴れの挙式を成功させるために・・・知っておきたい当日の準備と流れ

■披露宴の進行とマナー・・・披露宴の進行について

■披露宴の進行とマナー・・・披露宴席での歓談やマナー

■披露宴の進行とマナー・・・心をこめた招待客への謝辞

■最終的な打ち合わせ・・・式場担当者との打ち合わせ

■最終的な打ち合わせ・・・司会者との打ち合わせ

■最終的な打ち合わせ・・・持ち物の確認