結婚までの流れ > 結婚式の種類と仕方 > 人前結婚式のマナー

人前結婚式のマナー

ふたりの結婚の誓いを神や仏に立てるのでなく、日頃お世話になったり、親しくつきあったりしている人に立てるのが、人前結婚式です。

特に決まった形式があるわけではなく、ふたりのやりかたで行なうことができます。
新しいスタイルながら、近年急増している人気の式です。

人前式の、列席者全員が結婚の証人になるという基本的な考えかたが、友人や知人など人とのつながりを重視する近年のカップルに支持されたのはもちろん、神前式や教会式より挙式料が安い(人前式ならば無料という式場もある)、人気のレストランや一軒家でのウエディングなどでも挙式が可能で場所を選ばない(神殿や祭壇が必要ない)、媒酌人を立てなくてもまったく不自然でない、といった自由さが、人気の理由となっているようです。

媒酌人を立てないケースがほとんどですが、ふたりの結婚を見届ける証人(列席者の代表)を設けて立会人となってもらうことが多いようです。
人前式では、式の最中に婚姻届に署名捺印をすることが多いので、届けの証人の欄に、立会人が署名捺印するわけです。
役所の近くで式を行ない、署名捺印がすみ次第、代理人が婚姻届を役所に提出し、式が終わるまでに「婚姻届受理証明書」を発行してもらって戻るという粋な演出を行なうカップルもあります。

gum12_ph06017-s.jpg

決まった形式がないからこそ、くだけすぎないように気をつけます。
厳かな儀式にふさわしい雰囲気を、結婚の近いの部分までは維持したいものです。
後半、多少カジュアルにするのはかまわないでしょうが、双方の両親の意向を聞くことも忘れずに。

豆知識
人前式の挙式費用はどれくらい?
人前式はもっとも安い金額で行なえる結婚式のスタイルであるといえます。
レストランや式場、ホテルなどで行なう人前式の場合、挙式料は無料というところから、会場(ガーデンやロビー)使用料として10万円前後かかるところまでいろいろあります。
しかしたいていの場合、人前式は神前式や教会式よりも低い価格設定になっています。

結婚式の種類や仕方について

■教会結婚式のしかた・・・友人や知人にも列席してもらえます

■神前結婚式のしかた・・・三三九度の杯を交わし、結婚の誓いを

■仏前結婚式のしかた・・・両家の宗派の違いには気をつけましょう

■人前結婚式のしかた・・・最近人気のある人前結婚式

■海外挙式について・・・人気の高い海外挙式

■海外挙式について・・・プロデュース会社に相談すれば安心

■海外挙式について・・・海外挙式は費用もお得