結婚までの流れ > 結婚式の種類と仕方 > 仏前結婚式のマナー

仏前結婚式のマナー

仏前結婚式仏や先祖の加護に感謝し、本尊の前で夫婦の誓いを交わすのが仏前結婚式です。
最近は、仏前式を行なうカップルは、全体の1%くらいといわれています。

式は両家のいずれかにゆかりの寺院か、自宅で行ないます。
ホテルや式場によっては、仏前式を行なえるところもありますが、取り扱っていないところも多いので、事前に確認をしましょう。

まずは自分たちの宗派の寺院(菩提寺など)に相談してみましょう。
両家の宗派が異なっている場合は、どちらの宗派に合わせるかも相談します。
一般的には男性側の宗派に合わせますが、信仰心の強い親族のいる場合は、宗派の異なる式へは出席を固辞されたり、結婚そのものに反対されたりするケースもあります。
ホテルや式場などでは、とくに「○○宗のスタイル」というものはとらず、広く一般的な仏前式のスタイルをとってはいますが、心配な場合は事前に式の進行や形態などを調べておきましょう。

仏前式で指輪の交換は行なえる?
「縁談」という言葉が仏教用語の「因縁」に由来するように、仏前式は神前式同様、日本の伝統的な挙式スタイルです。
しかし、仏前式のスタイルも時代に合わせて少しずつ変化し、本来は行なっていなかった指輪の交換をしたり、新郎新婦の希望に合わせて洋装での挙式も行なったりできるようになりました。
希望すればほとんどの場合、念珠(数珠)授与のあとに、指輪の交換を行なうことができます。

結婚式の種類や仕方について

■教会結婚式のしかた・・・友人や知人にも列席してもらえます

■神前結婚式のしかた・・・三三九度の杯を交わし、結婚の誓いを

■仏前結婚式のしかた・・・両家の宗派の違いには気をつけましょう

■人前結婚式のしかた・・・最近人気のある人前結婚式

■海外挙式について・・・人気の高い海外挙式

■海外挙式について・・・プロデュース会社に相談すれば安心

■海外挙式について・・・海外挙式は費用もお得