結婚までの流れ > 結婚式の種類と仕方 > 教会結婚式のマナー

教会結婚式のマナー

キリスト教結婚式は、いまやもっともポピュラーな結婚式の形態となっています。
教会式を選ぶ人は全体の6~7割といわれていますが、そこに海外挙式(海外ではほとんどが教会式なので)をプラスすると、7割以上の人が教会式のスタイルを選んでいることになります。

教会での挙式は、新郎新婦のどちらかがキリスト教信者であることが原則条件となりますが、ふたりで勉強会などに参加すれば、式を挙げてくれる教会もあります。
その際は、あくまでも布教活動の一環として式を挙げてくれることを忘れないようにします。

チャペルを設けているホテルや式場ならば、そこで教会式を挙げることができます。
最近の教会式の人気に伴い、独立型のチャペル(館内ではなく、敷地内の別の場所に一軒の教会を建てる)を併設したホテルや式場も増えています。

教会式は、教会やチャペルの収容人数に合わせて、友人や知人にも列席してもらうことができます。

バージンロード
聖壇へと続く通路がバージンロードと呼ばれています。
バージンロードは、新婦が歩む神聖な道ですから、参列者は入場の際にそこを踏まないように気をつけなければなりません。

結婚式の種類や仕方について

■教会結婚式のしかた・・・友人や知人にも列席してもらえます

■神前結婚式のしかた・・・三三九度の杯を交わし、結婚の誓いを

■仏前結婚式のしかた・・・両家の宗派の違いには気をつけましょう

■人前結婚式のしかた・・・最近人気のある人前結婚式

■海外挙式について・・・人気の高い海外挙式

■海外挙式について・・・プロデュース会社に相談すれば安心

■海外挙式について・・・海外挙式は費用もお得