自己紹介状の準備

自己紹介状は、身上書、家族書で成り立っているのがふつうです。
それに写真を添え、世話人に渡して縁談を依頼します。

自己紹介状は、字に自信がない場合でも、必ず本人が自筆します。
毛筆ならば半紙か白無地の和紙の便箋に、ペン書きならば白無地かケイ入りの上質便箋に黒かブルーブラックのインクの万年筆を用いて、楷書でていねいに書きます。

市販の履歴書や、ボールペンやサインペンなどでの記入は避けたほうがいいでしょう。
縦書きで書くのが普通です。

お見合い写真の準備

見合い写真は、写真館などで写したあらたまったもの(キャビネ判程度)に、ふだんの姿がわかるようなスナップ写真を添えるのが一般的です。
洋装と、和装、フォーマルとカジュアルなど、バリエーションをつけて、いろいろな魅力が伝わるようにするといいでしょう。

また、大勢で写っているものや異性と写ったもの、古いものは避けます。

写真の裏には必ず、住所・氏名・撮影年月日・撮影場所を明記しましょう。
なるべく3ヶ月以内に撮影した写真を選ぶようにしたいものです。

縁談を数箇所に依頼しているときは?

縁談を他にも依頼してあるなら、後々のトラブルを防ぐため、そのことは世話人にあらかじめ伝えておきます。
その際には、「会社の上司が気にかけてくださって」など、相手が納得してくれる理由とともに、正直に話しておきます。