結婚までの流れ > 披露宴の準備とマナー > 披露宴を決める手順とマナー

披露宴を決める手順とマナー

受付係は、招待客を迎え、芳名帳に署名をお願いし、ご祝儀を受け取り、席次表を渡して席の案内をします。
通常は新郎側の友人と、新婦側の友人、男女1人づつがあたります。
招待客が多い披露宴では2人づつの計4人を立てることもあります。

ふたりの披露宴のスタート地点ですから、人選には気を配りましょう。

披露宴の進行や招待客の選びかたなど

目安は結婚式の5~2ヶ月前

■招待客の選びかた・・・招待したい人をまずはリストアップ

■招待客の選び方・・・招待客の最終確認

■招待状作成のポイント・・・差出人の名前には配慮が必要

■招待状作成のポイント・・・招待状の文面を決める

■招待状の印刷ができるまでにしておくこと・・・

■招待状ができ上がったら・・・

■招待状が出来上がったら・・・ハガキの返信の確認

■披露宴の席次の決めかた・・・着席の披露宴では特に席次に対する心配りを

■席次表の作成・・・席次表作成の前に確認したいこと

■席次表の作成・・・席次表の印刷依頼

■招待客の交通と宿泊の手配・・・先方の都合に合わせ早めに手配を

■招待客の交通と宿泊の手配・・・媒酌人や主賓には必ず車の手配を

披露宴のスタッフ人選や協力者の選び方

■スタッフと協力者の選びかた・・・スタッフは、ふたりで人選するのが基本

■スタッフと協力者の選びかた・・・司会者選び

■スタッフと協力者の選び方・・・祝辞や余興の依頼相手

■スタッフと協力者の選び方・・・スピーチ・余興の依頼

■スタッフと協力者の選び方・・・受付係の依頼