結婚までの流れ > 挙式の準備・会場選び > 招待状ができるまで

招待状ができるまで

招待状

招待状の印刷ができあがるまでの間に、招待する予定の人に結婚が決まったことや、披露宴に出席してほしい旨を伝えておきます。
いきなり招待状が送られてきては、驚いてしまう人も多いことでしょう。

また、招待状の発送先を一覧にし、リストを作成しておくと、後々便利です。
家族、親族、両家の両親の知人、会社関係、学校関係などの項目に分け、職業や役職も記入しておきます。
できれば年齢や電話番号も書いておくと、席次の決定はもちろん、結婚通知状の送付や、お礼やおみやげリスト作りなどに役立ちます。

ホテルや式場などに宛名書きを依頼するときも、住所と名前の部分だけコピーして渡せばいいので楽です。
誤字・脱字に注意しましょう。

披露宴の進行や招待客の選びかたなど

目安は結婚式の5~2ヶ月前

■招待客の選びかた・・・招待したい人をまずはリストアップ

■招待客の選び方・・・招待客の最終確認

■招待状作成のポイント・・・差出人の名前には配慮が必要

■招待状作成のポイント・・・招待状の文面を決める

■招待状の印刷ができるまでにしておくこと・・・

■招待状ができ上がったら・・・

■招待状が出来上がったら・・・ハガキの返信の確認

■披露宴の席次の決めかた・・・着席の披露宴では特に席次に対する心配りを

■席次表の作成・・・席次表作成の前に確認したいこと

■席次表の作成・・・席次表の印刷依頼

■招待客の交通と宿泊の手配・・・先方の都合に合わせ早めに手配を

■招待客の交通と宿泊の手配・・・媒酌人や主賓には必ず車の手配を